「霧氷」という現象

「霧氷」という現象

こんにちは。御覧いただきまして誠にありがとうございます。

少し前ではありますが、出勤途中、いつもと木々の様子が違って見えました。

キレイに見える位置を探してパシャリ。

真ん中の木だけ白くキラキラしていました

先輩方に聞いてみたところ、これは「霧氷」という着氷現象の一種だそうです。

「霧氷(むひょう)は着氷現象の一種で、氷点下の環境で樹木に付着して発達する。

白色や半透明で結晶構造が顕著な氷層の総称 。」(Wikipediaより引用)

着氷した木々が多くあったことで、山の雰囲気がいつもと違って見えた…といった感じでしょうか。

蓼科の地に来てまだ一年経っていませんが、さまざな景色を日々見ることができます。

当ブログではこれからも、自然が見せてくれる様々な景色をお届けしていきますので、

思い出したときにでも、ご覧いただけたら幸いです。

㎰.「霧氷」という曲があるんですね!

リリースは1966年…。僕が生まれる30年くらい前の曲です。(笑)

この機会に聞いてみようと思います!

空室検索

検索

ページトップ

たてしな薫風

長野蓼科温泉 森の隠れ宿 たてしな薫風
〒391-0301
長野県茅野市北山4035-552(蓼科高原)
TEL.0266-67-2292 FAX.0266-67-2281

温泉マイル