4/8 春の呑み比べ紹介

こんにちは。

先日地元(岐阜)の友人と話しましたが、向こうではもう桜が散ってしまったそうで、

「もう春終わったわ笑」とのことでした。

こっちはまだこれからぬくとーなるんやさ。ええやろ。


という事で今回は、夕食時にお楽しみいただける「呑み比べセット」について

春のお酒を紹介していこうと思います。



<神渡 春誂純米> (左)

”誂る”(あつらえる)という漢字は、「その為に作らせる」みたいな意味があります。まさに春の為のお酒って感じですね。

柔らかな口当たりと一緒に、華やかな香りが広がります。

<舞姫 翠露 花の雪> (中)

今回の3種類で唯一、うすにごりのお酒です。

長野県産の「美山錦」というお米で仕込まれており、春らしくフレッシュな呑み応えが楽しめますよ。

<御湖鶴 山恵錦> (右) 

「山恵錦」(さんけいにしき)は長野県うまれの新しい酒米で、バランスが良く味巾があり、上品な味わいのお酒に仕上がるようです。

フルーティな香りと、甘みと酸味の丁度良いバランスで、スルスル呑めてしまいます。



季節に合わせて、この3種類は入れ替えています。お好きな方はぜひお試しください!

ページトップ