8/11 “魂を呼び戻す”山菜

8/11 “魂を呼び戻す”山菜

こんにちは。

いつの間にか時間が経ってしまいました。今回は、白駒池に行った続きです。

池を歩いて小腹が空いたので、白駒池のすぐそば、「白駒荘」という建物へ立ち寄りました。

そこで、「山菜と天ぷらそば」をいただきました。

「それは”小腹”で食べる量なのか」というツッコミはさておき

なかなか珍しい山菜を、天ぷらで用意していただきました。

真ん中程、茶色く細いところが、「山ぶどうのツル」でした。

確かに、果物のような酸味を感じることができました。

左端は「反魂草(はんごんそう)」と呼ばれるモノだそうです。

葉の形が”手のひら”に似ていて、魂を呼び戻すといわれているのだとか。

若芽は食べられるそうですが、アクが強く、これを揚げた油は他では使えなくなるなど

すごく手間のかかる山菜との事でした。

この他にも、キクイモ、わらび、タラの芽の原種、山に自生するホップなど

どれも美味しく、山菜を堪能できました。

天ぷらを食べた後は、写真の山ぶどうジュースでリフレッシュ。

心地よい風を感じながら、食事することができました。ありがとうございました。

写真は曇天ですが、最近は雨も減り、青空も増えてきました。

ぜひ、足を運んでみてください。

8/8 涼みスポット

みなさまこんにちは。

梅雨が明け、一気に夏らしい気温になって参りましたね。
梅雨の涼しさが恋しいです …

 

そんな暑い日にはマイナスイオンたっぷりの滝がおすすめです。

 

横谷峡遊歩道の入り口にある「乙女滝」。
「乙女」とありますが、とても迫力のある滝です。 近くまで行くと
水しぶきが飛んできます。涼しくて気持ちいいですよ!
ちなみに、マイナスイオン指数は20,000個/ccです 。

 


こちらの階段を下りていきますと乙女滝があります。
ちょっとした気分転換におすすめのスポットです!

7/13 手作り布マスク

こんにちは。
梅雨の肌寒い日が続いておりますが、 いかがお過ごしでしょうか。

蓼科は梅雨明けまでは薄手の羽織ものが欠かせないくらいひんやりしています。

  

ジャン!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4665-1-768x1024.jpg です

 

テディベアが持っている布マスクですが、スタッフのご家族の方が
作ってくださいました !
お忙しい中、ありがとうございます!

フロントスタッフの制服に合わせ、縞模様の生地を使いました。
裏地のガーゼは 肌ざわりが良く、呼吸もしやすいマスクです。

 

一日でも早い終息に向けて
できる限りの予防・対策に努めて参ります。

まだまだ不安な日々が続きますが、
どうかお身体にお気をつけてお過ごしくださいませ。

7/7 薫風の七夕

こんにちは。

天候が不安定な日々が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

風邪などひかれない様、お気をつけてお過ごしください。

さて、今回は「七夕」について少しだけ書いていきます。

当館では毎年、6月の終わりごろから7月7日まで、ラウンジに「笹」と「短冊」を飾り付けております。

最初は数枚だった短冊も、今では鮮やかになりました。 願い事は様々です。

時には、「また薫風に来たい」という短冊を見つけて、一人でほっこりしていました。

お越しいただいた皆様がどんな事を書かれたのか、この場所を通りかかる度、秘かに楽しみでした。

館内の飾り付けは季節やイベントに合わせて変わります。

機会がありましたら、ぜひ見に来てくださいね。

たてしな薫風 藤井 

6/27 映画の様な景色

こんにちは。

「(休業期間で)太ったよね」と周りのスタッフに言われています藤井です。

”変化”はリピーターのお客様にも判った様で、「もともと丸顔だもんね」とフォローを頂きました。ありがとうございます。

そういうことにしておきましょう。 しておいてください。

ということで今回は、当館からだと車で40分ほどの場所にある「白駒池」に行って参りました。

駐車場に車を停め、そこからは少々歩く必要があります。

森の中ですがしっかり道は整っています。ジーンズにブーツでも問題ありませんでした。

家を出るときは蒸し暑く感じていたものの、道中はとても涼しく快適でした。

通路から脇をパシャリ。

まるでジブリ映画みたいな光景でした。シシ神様がひょっこり現れそうです。

20分ほど歩くと、ゆっくりと視界が開けてきます。

深緑に空の青と、心地よい静けさがそこにはありました。

後々すぐに雲がかかってしまい、青空は長く続かなかったものの

とても気持ちのいい空間でリフレッシュできました。

歩いていて小腹も空いたので、ほとりにある「白駒荘」へ

そこで食べたものについては、また別でブログに書こうと思います。

次の投稿もよかったらご覧くださいね。

ページトップ

たてしな薫風

長野蓼科温泉 森の隠れ宿 たてしな薫風
〒391-0301
長野県茅野市北山4035-552(蓼科高原)
TEL.0266-67-2292 FAX.0266-67-2281


温泉マイル