4/8 春の呑み比べ紹介

4/8 春の呑み比べ紹介

こんにちは。

先日地元(岐阜)の友人と話しましたが、向こうではもう桜が散ってしまったそうで、

「もう春終わったわ笑」とのことでした。

こっちはまだこれからぬくとーなるんやさ。ええやろ。


という事で今回は、夕食時にお楽しみいただける「呑み比べセット」について

春のお酒を紹介していこうと思います。



<神渡 春誂純米> (左)

”誂る”(あつらえる)という漢字は、「その為に作らせる」みたいな意味があります。まさに春の為のお酒って感じですね。

柔らかな口当たりと一緒に、華やかな香りが広がります。

<舞姫 翠露 花の雪> (中)

今回の3種類で唯一、うすにごりのお酒です。

長野県産の「美山錦」というお米で仕込まれており、春らしくフレッシュな呑み応えが楽しめますよ。

<御湖鶴 山恵錦> (右) 

「山恵錦」(さんけいにしき)は長野県うまれの新しい酒米で、バランスが良く味巾があり、上品な味わいのお酒に仕上がるようです。

フルーティな香りと、甘みと酸味の丁度良いバランスで、スルスル呑めてしまいます。



季節に合わせて、この3種類は入れ替えています。お好きな方はぜひお試しください!

3/21 小さな幸せ♡

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

もう春ですね♪ お花見の季節がやってきました。

早いところはもう楽しめるようですね!

ここ信州でもお隣の諏訪市「高島城」で、3/28(日)開花の予報が

出ております。

またここ蓼科でもビーナスライン沿いの「聖光寺」さんが市街地より少し

遅れて開花になります。満開の桜は見事ですよ🌸

ですが、皆様ご存じのように全世界コロナ禍の真っ只中で、

なかなかこれまでのような生活が様変わりしている中で、

リモートやVRなどもありますが…

オススメの桜スポットがありました!

はい!こちら!

期待させてしまいましたかね…(笑)

もちろんダミーなんですが(-_-;)

それでもスタッフ皆で癒されてます♡

春の暖かい蓼科と当館に是非お越しください!

2/27 地元スーパーのお茶菓子

春も近づき、暖かい日も多くなってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

スタッフ平林は最近、地元スーパーのお菓子巡りに夢中になっております。

特に楽しいのが、茅野市街にあるスーパー「ツルヤ」さん。

長野県を中心に展開するスーパーです。

プライベートブランドの食品が充実した、見ていて楽しいお店です。

特にジャムの有名なスーパーですが、わたくしのお気に入りはこちら、「りんごかりんとう」!

りんごピューレ入りで、名前の通りしっかりとりんごの味がするかりんとうです。

緑茶をはじめ、いろいろな飲み物にぴったりのお茶菓子です。

長野県土産に、ぜひいかがでしょうか。

9/21 癒しの音色

こんにちは。

九月も半ばになり、日中は過ごし易くなってきました。

それに連れて朝晩も冷え込みだしています。早く慣れてくれ僕の身体。

ということで今回は、隣町の諏訪市にありますオルゴールの美術館「すわのね」という場所に行って参りました。

諏訪のICから大体30分ほど、薫風からだと一時間弱の距離です。

館内に入るとまず、写真のようなパステルカラーが目を引きます。

この小さな箱一つ一つ、手に取ってねじを回すと音がなります。

聴ける曲は有名クラシックや最近の歌謡曲まで実に様々で、

皆様の好きな曲もきっとあるハズです。(動画の載せ方が分からず申し訳ございません。)

2階は展示室になっています。

写真の外にもたくさんオルゴールがありまして、これらすべて実際に動きます。

スタッフの方から、それぞれの違い、歴史を本当に丁寧に僕一人だけの為に説明して頂きながら

実際に演奏も聴くことができ、とてもいい経験になりました。

オルゴールの迫力、精巧さ、音色、僕の語彙では到底語ることができないので

実際足を運んでいただいて、ご感想を聞かせてください。

8/11 “魂を呼び戻す”山菜

こんにちは。

いつの間にか時間が経ってしまいました。今回は、白駒池に行った続きです。

池を歩いて小腹が空いたので、白駒池のすぐそば、「白駒荘」という建物へ立ち寄りました。

そこで、「山菜と天ぷらそば」をいただきました。

「それは”小腹”で食べる量なのか」というツッコミはさておき

なかなか珍しい山菜を、天ぷらで用意していただきました。

真ん中程、茶色く細いところが、「山ぶどうのツル」でした。

確かに、果物のような酸味を感じることができました。

左端は「反魂草(はんごんそう)」と呼ばれるモノだそうです。

葉の形が”手のひら”に似ていて、魂を呼び戻すといわれているのだとか。

若芽は食べられるそうですが、アクが強く、これを揚げた油は他では使えなくなるなど

すごく手間のかかる山菜との事でした。

この他にも、キクイモ、わらび、タラの芽の原種、山に自生するホップなど

どれも美味しく、山菜を堪能できました。

天ぷらを食べた後は、写真の山ぶどうジュースでリフレッシュ。

心地よい風を感じながら、食事することができました。ありがとうございました。

写真は曇天ですが、最近は雨も減り、青空も増えてきました。

ぜひ、足を運んでみてください。

ページトップ

たてしな薫風

長野蓼科温泉 森の隠れ宿 たてしな薫風
〒391-0301
長野県茅野市北山4035-552(蓼科高原)
TEL.0266-67-2292 FAX.0266-67-2281


温泉マイル